アニメーション

AdobeAnimateCCに詳しいクリエイターいます!

アニメーション素材

AdobeAnimateCC(Flash)使用歴15年以上、クリエイターが作業します!

アニメーションが作りたい
AdobeAnimateCCが使えるクリエイターを探している。
どんなアニメーションが出来るのか知りたい。

そんなご要望にお答え致します。

AdobeAnimateCCが得意なクリエイターは・・・

イラストレーター 杉崎晃之
フリーランス歴10年以上、ゲーム、書籍、テレビ、経験豊富、
人気番組TBS「この差って何ですか?」で6年間の制作実績、「行列のできる法律相談所」「仰天ニュース」等、数多くの高視聴率番組、人気番組でイラストやアニメーションを納品してきました。
現在法人化し、「合同会社こころえ」の代表を務めさせて頂いております。
» 参考:プロフィール    TwitterID: @COCOROE_main

過去には「ちびまる子ちゃん」や「忍たま乱太郎」で有名なアニメ制作会社で作画経験があります。

AdobeAnimateCCで作成したアニメーションサンプルを御覧ください。

AdobeAnimateCCを簡単に説明すると、AdobeIllustratorで作成したものを動かすツールです。
AdobeAnimateCC内でも作画機能はありますが、同じようなデータですので、AdobeIllustratorの画像を使ったほうがスムーズです。2D素材であれば、ご要望どおりに動かすことが可能です。

AdobeAnimateCC操作画面の紹介

AdobeAnimateCC画面

AdobeAnimateCCでは音楽や画像を用いて映像を組み立てます。
編集を楽にする方法を用いて、編集作業時間も短縮して映像の制作が可能です。
AdobeAnimate映像書き出し

AdobeAnimateCCでは様々なサイズや形式で書き出すことが可能です。
映像に載せる「動くキャラクター」など、ご要望頂いたように作成可能です。

ここまで読んで頂き有難うございました。

弊社ではご依頼頂いたイラストを動かしたいとご希望を頂いた際には、動かす素材分けが早いです。
作成時に動かすことを考えたイラスト制作を行っております。

アニメーションページには他にも色々なサンプルをご用意しております。
どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

質問やご依頼はinfo@cocoroe.proで受け付けております。お気軽にどうぞ。
» @COCOROE_S| Twitter 最新の情報はTwitterで!